単結晶を通じて材料科学の未来を切り拓く! 株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所

単結晶からモノづくりを創造するAKTサイエンスブログ

間違えてはいけない特許の話
>> 続きを読む

機械加工の技術を活かしてユーザーフレンドリーシステムの開発
>> 続きを読む

使い勝手の良い製品化
>> 続きを読む

トリリオン・センサー時代の材料開発と生産
>> 続きを読む

AKT-AP法による結晶製造動画公開
>> 続きを読む

日刊工業新聞に掲載されました
>> 続きを読む

資金調達と新聞掲載のお知らせ
>> 続きを読む

職業能力開発大学校フォーラムに登壇しました。
>> 続きを読む

アース・オーバーシュート・デー
>> 続きを読む

ニッポンのモノづくりを支えてきた職人の語る半生
>> 続きを読む

事業内容

○独自技術に基づく結晶製造システムの製造・販売

○結晶製造技術の研究・開発

○結晶材料の研究・開発

役員

代表取締役CEO

博士(工学) 阿久津 伸

 

1969年生まれ

電気電子材料工学を専攻し、1999年3月、博士(工学)取得。

民間企業にて無機光学単結晶の研究開発に従事。

 

2013年6月独立。

無機材料の合成ならびに処理方法および新規単結晶成長方法の開発を行い、

2014年7月にAKT技術研究所を設立

2016年8月 株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所を設立

 

取締役COO

松平 竹央

 

民間企業にて新事業開発・R&D・契約・交渉、知財マネージメント・法務・マーケティング、営業などに従事

 

中小企業診断士

一級知財管理技能士

平成26年・27年度経産省「(大学発)シーズ発掘調査事業」専門委員会委員

NPO法人産学連携学会 研究促進委員会委員

メッセージ

【ものづくりのプラットフォーム それは材料科学です】

我々の生活を豊かに彩るモノ、モノは全て材料からできています。
古くは土器・石器・鉄器・・・金属工学や半導体工学によって我々の生活は劇的な進化を遂げてきました。

 

【材料の基本は結晶】

科学の教科書の最初の方に出てきたサイコロのような結晶モデル。覚えている方も多いでしょう。 この結晶が材料の一番基本的な形です。
結晶を知るということは、材料の本質を知るという事なのです。

 

【結晶科学からものづくりの世界を変える】

ものの本質である結晶、それをひとりでも多くの人に良く知ってもらいたい。一つでも多くのものづくりの現場で結晶を知ってもらいたい。 その想いで立ち上げたのが、AKT技術研究所です。

 

【AKT-lab.は、結晶科学の世界を広げていきます】

ものの本質を理解してからのものづくりの世界は、あらゆる面で違って見えます。例えば、黒い模様が書き込まれている紙にしか見えていなかったものが、読み書きを知ってから見れば貴重な書物に見える。 そういうことです。

そのためには、結晶科学を身近なものにしていかなければなりません。

AKT-lab.は、結晶科学を身近なものにする独自の結晶製造システムを提供します。

 

【地球と仲良く それも材料科学】

材料は地球からのかけがえのない贈り物です。
この材料を良く知って正しく使う。
これこそが本当に豊かなものづくりの世界、AKT技術研究所が描く未来のものづくりの世界です。

株式会社リバネス主催 2014年開催第2回テックプラングランプリ 「ユーグレナ賞受賞」

お問合せ